インプラントという選択肢もあります。

 

奥歯の歯のない所にインプラントを希望

 

インプラントを入れて

 

歯がしっかり噛めるようになりました。

インプラントは、歯の無い顎にボルトを埋め込み、骨にくっつくことで、天然の歯と同じように咬めることが利点です。
ただ顎の骨の厚み・幅が十分で無い場合、骨の代替材料を使用し、必要な厚み・幅を作り出す手術もあります。
診査・診断によりご希望に添えないこともあります。

信頼の「Straumann®Dental Implant System」

当院では、世界的に信頼性の高い、ストローマン社製ITIインプラントを使っています。

信頼性(Reliable) 良好な組織反応を実現するインプラントデザイン インプラント術後の治癒期間の短縮 モーステーパーによるインプラントとアバットメントの強固な結合 シンプル(Simple) 論理的なコンポーネント構造 簡単でわかりやすい治療法 1系統の外科インスツルメントによる手術手順 適応性(Versatile) さまざまな症例で良好な臨床成績が報告されています 1回法、2回法が選択できるシステム 幅広い補綴方法の選択が可能

入れ歯

男性2人

当院の自費の入れ歯はフェリーチェの生田龍平氏にお願いしています。
入れ歯は保険、自費の大きく二つに分かれ、両者の違いは軽自動車と国産高級車くらい違います。また、自費の入れ歯の中でも、自費専門の技工士生田氏の義歯は、技術は保険で材料のみがいい自費の入れ歯とは違い、氏の義歯はゲルバー理論に基づいた技術を提供しました入れ歯を作ります。
世界の義歯技工士のレジェンド、スイスのMax Bosshart氏、堤 嵩詞氏にも師事しています。無圧印象で有名な高度治療義歯研修センター深水歯科の講習会でインストラクターをしています。 自費の入れ歯の中でも、さらに高度な入れ歯、治療用義歯を提供しています。 治療用義歯とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単にご説明いたしますと、一度お作りいたしました入れ歯を試行錯誤しまして、さらにいい入れ歯を時間をかけて、生田氏が直接立会いながら、患者様の要望をお応えいたしながら、患者様、歯科医、技工士の3名で共同作業をしながら作りあげていく入れ歯です。

《治療用義歯の手順》

入れ歯

 

 

①採った歯型から

入れ歯2

 

 

②噛み合わせを取り

入れ歯3

 

 

 

③顎の動きをチェック

入れ歯4

 

 

 

 

④歯を並べてチェック

入れ歯5

 

 

⑤治療用義歯の完成

入れ歯

 

 

⑥完成して一ヶ月後、噛むところが削れ、その人固有のかみ合わせが分かります。

入れ歯2

 

 

 

 

⑦痛みがなく、よく噛めることを確認しましたら、コピーを採ります。

入れ歯3

 

 

 

 

⑧コピーをした入れ歯を基に並べ直した入れ歯です。完成前にチェック。

入れ歯完成版

 

 

 

 

⑨完成した入れ歯です。噛み心地が違います!

PAGE TOP